PDF作成(変換)ソフト

メールでデータの受け渡しを行う事が多いと思いますが、そんな時にアプリに依存しないデータ作成方法としてPDFで作成するという方法があります。これだと、開くアプリケーションはAdobe Reader(タダ)なので、誰でも(ネット環境さえあれば)見ることができます。でも、渡す側としてPDFを作成できなければいけないのが難点です。Adobe Acrobatは購入するとなると高価だし、会社などで何台も必要となると、そのソフト代がばかになりません。そこで、これから紹介するPDF作成(変換)ソフトだと、フリーでPDFを作成することができます。色々あるので、試してみるといいかもしれません。
クセロPDF
株式会社クセロが提供するPDF作成ソフト。使う際には簡単なユーザー登録が必要なのと、使用中に広告が出てきますが、気にしなければ使用には影響はありません。使用結果はかなりいいでしょう。アクロバットと比較してもなんら変りない結果となります。
アクロバットで作成

クセロPDFで作成

LivePDF
同じく、フリーのPDF作成ソフトです。http://www.livepdf.jp/オフィシャルサイトもありますが、誰が作っているのかは不明。個人の方でしょうか?たまたま実験したページでは一部文字化けしてしまいましたが、それ以外の表とかは奇麗に作られているので、十分使えるのではないでしょうか。結構頻繁にバージョンアップしているようなので、今後に期待が持てます。

CutePDF
海外のPDF作成ソフトです。インストールする時に色々インストールさせられますが、問題はないようです。作成結果も、問題ないようなので、おすすめです。

主なものを紹介しましたが、まだまだありそうなので、試してみることをお勧めします。

StickOn!

所謂、付箋ソフトです。主な機能としては、
・ウィンドウや文字の色、サイズ等が自由に設定できます。
・マルチユーザーに対応しています。
・通信機能を使用して、他のコンピュータにメッセージを送信したり、他のコンピュータからメッセージを取得することができます。
・InternetExplorer の右クリックメニューから直接メッセージを生成できます。
・メッセージ中に htp:// 等が記述された場合、その部分をクリックすることで直接ブラウザ、メールソフトを起動させることができます。
・メッセージをグループ化することで、複数のメッセージを一度に表示/非表示、削除、他のコンピュータに送信することができます。
・各メッセージに指定した時間(日時)でユーザーに通知するように設定できます
です。
ブラウザから1クリックでメモが作れるっていうのは便利かもね。それと、指定時間で通知っていうのも、付箋の役割からすると、重要な機能かも。結構使うよ、この機能。(忘れっぽいのでメモは重要)(笑)

PenMemo

所謂、付箋ソフトです。普通の付箋ソフトとの大きな違いが「フリーハンドで入力可能な付箋紙ソフト」です。起動してみると、

このような画面が出てきて、トレイアイコンの「新規作成」を選ぶと、真っ白な付箋が現れます。そこにフリーハンドでメモを記入していきます。

字が下手なのが恥ずかしい・・・
普段タブレットを使っている人であれば、かなり便利な付箋になるでしょう。逆にそういう(タブレットとか)物を使っていない人にはあまり向かないと思います。正直、マウスで文字を書くのは面倒だし、かえって時間がかかります。残念ながら、このソフトには文字入力機能がないので・・・

Stickypaper

所謂付箋ソフトです。使い方は簡単で、すぐに覚えられる感じがします。
便利だと思ったのが、「折畳み機能」です。タイトルバーをダブルクリックすると、細い付箋になってデスクトップに並べるのが便利になりそうです。

もう一つ、このソフトの驚いた点。
ヘルプがすごく奇麗で見やすいです。普通のWebサイトのようです。どうやって作ったのでしょう?

メモ箋人

デスクトップに付箋張り付けてる人結構多いと思いますが、その中の「メモ箋人」というソフトを使ってみました。

機能はよくある付箋ソフト同様にデスクトップ上にメモを貼り付けるというものですが、ご覧の通り半透明になります。表示方法も各種あって、「タイトルバーを表示」「タイトルバーを隠す」「シンプルモード」から選べます。また、メール送信機能もあって、メール設定をしておけば、付箋をメールとして送信することができます。
惜しいと思ったのは、色がデフォルトで用意された色しか使えないことです。いろいろなイベントとか内容によって色分けしたい時は少し困るかもしれません。

ファイル分割・テキスト変換ユーティリティーツール ”FileDivider2″

「”FileDivider2″は、簡単なGUI操作でファイルの分割・復元やテキスト変換処理を行うことができるツールです。どなたでも簡単に操作することができ、また、Java言語によって書かれているため、Javaが動作するさまざまなプラットフォームで同じように動作させることができます。
 プログラムへのバイナリデータの組み込み時のテキスト変換や、サイズの大きなファイルをメールで送受信する際などにご利用ください。」

テキスト結合で検索して見つけたソフトでしたが、残念ながら「分割したファイルを結合する機能もあります」ということでした。そのほか、
・FileDivider2で16進または64進テキスト変換処理されたファイルを元に戻します。
・ファイルを16進数データにテキスト変換します。一度変換されたファイルは再変換できません。
・ファイルを64進数データにテキスト変換します。一度変換されたファイルは再変換できません。
・64進変換に用いる、十進数の62と63に割り当てる文字をユーザーが任意に設定します。
上記の機能もあるそうですが、私は何の事だか分りません。なので、テストできませんでした。ちなみに、このソフトは動作条件に「JRE(Java Runtime Edition)の動作」とありまして、あらかじめインストールしてないと動かないのですが、インストール画面の中に「火星ローバー」ってあるんですけど、一体何のことですか?

複数テキスト結合ユーティリティ「TXTJOIN 1.5」

「特定のフォルダにある複数のテキストファイルを、ひとつにまとめてくれます。
テキストファイルの拡張子はなんでも構いませんし、ソフト上で指定できます。
拡張子の指定による簡易絞込みも可能です。
ただし、まとめる順番(どのファイルが何行目に)は指定できません。
まとまったファイルを開いてソートしてください(笑)
なお、もともとは大量の固定長データファイルをひとつにまとめるために作成したものです。」
指定できる拡張子は1種類だし、順番は指定できないし、私の求める動作は出来ませんでした。
ただし、ひたすら結合したい人には良いでしょう。いちいち順番とかファイルを指定する手間が省けるのでいいでしょう。

ねすくろ

「ねすくろは、マウスの右ボタンによるドラッグで任意のウィンドウをスクロ
ールさせ、スクロールに勢いをつけて放すとスクロールし続けるようにしま
す。
目標としては、実際の紙をつかんで動かす感覚を。実際の紙がそれほど慣性
で動き続けるかはともかく、そんな感覚に近づけたいと思っています。」
マウスの右ボタンを押しっぱなしでスクロールするということですが、スクロールホイールがないマウスを使ってるとか、ホイールが壊れてるとか、ホイールを回すとガリガリ音がしてうるさいから使いたくないとか、そういう理由があれば使えるソフトだと思います。
ほとんどのソフトが右クリックに対応してコンテキストメニューを表示するため、うまく使うには慣れが必要です。

OpenOffice

フリーのオフィススイートであるOpenOfficeを使ってみました。
存在はわかっていたのですが、なかなか使う機会がなかったのですが、このサイトをきっかけに、試しに使ってみました。
まず、入手・インストールですが、OpenOffice.org日本ユーザー会から最新版をダウンロードし、インストールします。とは言っても、簡単なので迷うことはないでしょう。
一度のインストールで、Writer (ワープロ)、Calc(表計算)、Impress (プレゼンテーション)、Draw(図形描画)、Base (データベース) がインストールできます。
それぞれのソフトですが、Microsoft Officeからの移行は全然問題ありません。
普通に開いて、普通に編集できるし、読み込み・編集・保存も問題ありませんでした。
だいぶ前のバージョンでは正直、使えない部分が多かったのですが、最新版ではなんら問題なく使用できるでしょう。開発チームの皆さんの努力の跡が伺えます。
もっと詳しくレビューしたいので、実際の業務で使うことにします。

ビューアーソフト

仕事でパソコンを使っている人は多いと思いますが、通常ビジネスソフト(Microsoft Office、一太郎等)は会社で買うと思います。でも、何らかの理由でデータを会社以外の場所・PCで見たい、編集したいって場面あるかと思います。
そんな時に、高価なソフトは必要ないけど簡単な編集とか印刷とか出来たらいいのにと思いませんか??
そんな場面で使えるビューアーソフトをご紹介!
「一太郎ビューア」
その名の通り、一太郎のデータを読み込み・印刷出来る無料ソフト
見た目はこんな感じ。

閲覧・印刷機能と画面デザインの変更(そんなのいるか?)が出来ます。
ちなみに、一太郎だけではなく、ワードのファイルも開けます。

しかし、表がおかしかったり、改ページがおかしいです。
「Microsoft Excel Viewer」「Microsoft Word Viewer」
マイクロソフトのビューアですが、編集機能が無いワード・エクセルといった感じです。こっちも一太郎の文書が開けます。しかも、それだけじゃなくいろいろなソフトの文書が開けるようなので、こっちの方が便利そうです。