アドビリーダー

アドビリーダー(旧 アクロバットリーダー)はフリーのPDFビューワーです。
PDFファイルを配布してるサイトでよく、

get_adobe_reader.gif

こういう画像があると思いますが、これをクリックするとアドビリーダーをダウンロードすることが出来ます。

で、ダウンロードしたファイルをダブルクリック。
WS000054.JPG
すると、インストール画面が出てきます。
WS000056.JPG
インストール場所を聞いてくるので、そのまま「次へ」

WS000057.JPG
このまま「インストール」

WS000058.JPG
そのまま待つ。

WS000059.JPG
これがでてきたら完了。

WS000060.JPG

最初の起動でこんな画面が出てきます。「同意する」をクリック。

WS000061.JPG

めでたく「アドビリーダー」が起動。

WS000062.JPG

Daemon Toolsインストール

まず、Daemon Toolsを落としてきてインストールします。
(windows95b/98/meをお使いの方は、Ver3.47の方を使ったほうが安定するようです。)
ver4が出ましたが、初めてお使いになられる方はver3を使うことをお勧めします。

DAEMON Tools
←公式サイト(英語)
img_20071120T093838719.jpg

上のDownloadsをクリック

img_20071120T093839109.jpg

Daemon Toolsアイコンをクリックした先にダウンロードページがあります。

で、
 1.ダウンロードしてきたデーモンツールをダブルクリック

img_20071120T093839484.gif

img_20071120T093839874.png

こんな画面が出ましたね。英語なのでよく分かりませんが、次へ進みましょう。

img_20071120T093840202.png

3.軽く読んだら「Next」をクリック

img_20071120T093840655.png

4.インストール場所を変えたい人は、パスを直接打つか「Browse」「Disk Cost」で変更してください。

img_20071120T093841108.png

5.「Next」を押す

img_20071120T093841514.png

6.Please wait…

img_20071120T093841920.png

7.「Close」を押します。

img_20071120T093842357.png

9.「YES」を押して再起動すればインストール終了です。

img_20071120T093842716.png

再起動終了後、タスクバーのタスクトレイに矢印のアイコンが現れていればインストール終了

Daemon Tools(デーモンツール)とは?

DAEMON Toolsとは?

CDのイメージファイルを擬似的にCDに見せかける為のツールです。

どういう風に使うの?

1.起動ディスクを入れないと起動できないソフトを、わざわざディスクを入れなくてもできるようになる。
2.CDを焼く前にチェックできる(吸出しの時点で失敗しているか、ある程度確認できる)
3.ノートパソコン等でCDドライブが内臓していないタイプは、ドライブを持ち運ぶ手間がなくなります。
4.ハードディスクからのアクセスになるので、CDよりアクセスが早くなります(快適)
5.LAN内に置いてあるイメージもマウントできるようです(未確認)
6.DVD Videoのイメージの動作チェックができます。

 

Auto Thumbnail

Webサイトに画像を載せる場合とか、デジカメ画像を大量に加工する場合などに便利なソフトです。

WS000046.JPG

あらかじめサイズ、画像クオリティなどを設定しておいて、ファイル単位かフォルダごとという指定で変換します。
タイトルが「サムネイル」となっていますが、サムネイルでなくても便利です。昔と違い、デジカメ画像もそのままでは巨大なので、Webで利用する場合は縮小すると思いますが、そんな時これを使えば便利でしょう。

 

j-shutdown

j-shutdown

「指定時間にシャットダウン、ログオフ、再起動、電源offができます。
あと、実行前にカウントダウンが始まり、そのときに中止も出来ます。
Ver2.0より、休止状態/サスペンド状態からの復帰も出来るようになりました。

夜中とか昼間とか、テレビの録画をしたりするのですが、録画終わった後も電源つけっぱなしなのが
いやだなぁ、と思って、いろいろ探してみたのですが、MFCとかVBとかのランタイムDLLとかが必要な
のばっかりで、やっと探し当てたら、ちゃんと電源が切れないとかそんなんばっかりだったので、
自分でつくってみました。」

夜にPCを放置して帰るとき便利。

WS000039.JPG

あああああ

GreenPad

GreenPad

Windows上で動作する、テキストエディタです。
なんでもできる高機能エディタではなく、メモ帳の代わりとして使えるような、最低限の機能は備えつつ高速に動作する簡易テキストエディタを目指して開発されています。

  NYSLライセンスに従うフリーウェアです。ソースコードが
    http://www.kmonos.net/lib/gp.html
  で公開されています。

WS000038.JPG

 

CMS比較

最近、フリーCMSという物に興味を持ったので、いろいろ試してみました。

ためしたのは、

  1. Xoops
  2. MODx
  3. Joomla
  4. Geeklog
  5. Drupal

試してないけど、検討したのは、

  • TYPO3
  • Plone
  • PukiWiki

書き出してみると、けっこうあったね。
何回もインストール・サイト構築を繰り返したから、大分PHPとかサーバとか勉強になったね。

ちなみに、サーバのスペックは、

CPU Intel Core2 CPU T7200 @ 2.00GHz
MemTotal 2073MB
Apache 1.3.37
Perl 5.8.8
PHP 4.4.4
RUBY 1.8.5
MySQL 4.0.27
PostgreSQL 8.1.4
Python 2.4.3
SQLite3 3.3.7
SQLite 2.8.17

XREA+のレンタルサーバです。
ここで !となった方はお分かりでしょうが、PHP周りの設定でかなり苦労しました。
詳細は後ほど・・・

ubicast Blogger

ブログ投稿クライアントです。このほかにも沢山クライアントソフトはあるようですが、まずは「ubicast Blogger」
を使ってみました。

画面を見ると分かるように、まるでメールを作ってるかのようです。それでいて画像の配置・書式設定なども簡単に出来るので、非常に便利!
難しい事を要求しなければ、これだけで十分でしょう。

ちなみに、この記事もubicast Bloggerで作成しました。

PDF作成(変換)ソフト

メールでデータの受け渡しを行う事が多いと思いますが、そんな時にアプリに依存しないデータ作成方法としてPDFで作成するという方法があります。これだと、開くアプリケーションはAdobe Reader(タダ)なので、誰でも(ネット環境さえあれば)見ることができます。でも、渡す側としてPDFを作成できなければいけないのが難点です。Adobe Acrobatは購入するとなると高価だし、会社などで何台も必要となると、そのソフト代がばかになりません。そこで、これから紹介するPDF作成(変換)ソフトだと、フリーでPDFを作成することができます。色々あるので、試してみるといいかもしれません。
クセロPDF
株式会社クセロが提供するPDF作成ソフト。使う際には簡単なユーザー登録が必要なのと、使用中に広告が出てきますが、気にしなければ使用には影響はありません。使用結果はかなりいいでしょう。アクロバットと比較してもなんら変りない結果となります。
アクロバットで作成

クセロPDFで作成

LivePDF
同じく、フリーのPDF作成ソフトです。http://www.livepdf.jp/オフィシャルサイトもありますが、誰が作っているのかは不明。個人の方でしょうか?たまたま実験したページでは一部文字化けしてしまいましたが、それ以外の表とかは奇麗に作られているので、十分使えるのではないでしょうか。結構頻繁にバージョンアップしているようなので、今後に期待が持てます。

CutePDF
海外のPDF作成ソフトです。インストールする時に色々インストールさせられますが、問題はないようです。作成結果も、問題ないようなので、おすすめです。

主なものを紹介しましたが、まだまだありそうなので、試してみることをお勧めします。